おすそわけ備忘LOG

僕の脳内アウトプット

*

粗大ごみを安く処分する方法

   

最近引越しをしたのだが、想像以上にいらないモノ(平たく言えばゴミ)が多く出た。ご存知の通り粗大ゴミは好き勝手に捨てれるものではなく、市や業者に頼んで処分してもらうしかない。もちろん有料。

粗大ごみを勝手に処分すれば「不法投棄」として罰せられる事になるので絶対やめて欲しい。仮に罰せられなかったとしても、人間として最低限のモラルは守りたい所だ。


とはいえ、粗大ごみを出すのも中々な出費となるのでお財布事情が厳しい。粗大ごみを安く捨てる方法を調べ、実際に処分してきたのでこの場でアウトプットする事にする。

スポンサーリンク



粗大ごみの処分方法



粗大ごみを捨てる方法は大きく分けて3つ。他にもあるかもしれないが、最もポピュラーな方法3つで検証してみる事にした。その結果ある方法が「圧倒的に安く」粗大ごみを捨てる事ができたので聞いてほしい。


「市に頼む」「業者に頼む」「自分で持ち込む」この3つ。一つずつ見ていこう。



市に頼む

粗大ごみ処理券
画像引用元:引越しにかかった経費


お住まいの市に頼んで粗大ごみを処理してもらう方法。市によってやり方が異なるので詳しくは市役所に問い合わせしてもらいたい。

大まかな流れとしては、地域の「粗大ごみ処理センター」へ電話をかけ、捨てるモノを全て伝える。1つのゴミ毎に料金をだしてくれるので見積もってもらう。

最後に予約すれば準備は完了だ。回収日が週1回しかない場合も多く、できる限り早めの予約をオススメする。


支払いは市が発行している「粗大ごみ処理券」で行う事になり、同一市内のコンビニ、その他提携店舗で購入する事ができる。

同一市内以外での購入はできないので注意が必要。


参考:マットレス付きベット(2000円程度)、電子レンジ(400円程度)、炊飯器(30センチ以下無料)。お住まいの地域によって異なります。



業者に頼む



一番手っ取り早い方法ではあるが、他と比べ料金が跳ね上がる。

僕の場合だが、簡易見積もりで3万円ほどになった。もちろん断ったが、ゴミを捨てるのに諭吉さん3枚はさすがにキツい。



時間がなく早く粗大ゴミを処分したい人、自分でゴミを運び出すのが面倒な人、経済的に余裕のある人は業者に頼むのが圧倒的に楽。

Googleで「お住まいの市+粗大ごみ」で検索すれば沢山ヒットするはずだ。



ゴミ処理場へ持ち込む

ゴミ処理場


結論から言えば、この方法が一番安く済んだ。それも他と圧倒的な差をつけて。

市には必ず「ゴミ処理場」がある。粗大ごみ回収を市に任せても、業者に頼んでも、粗大ゴミの行末はかならずココ「ゴミ処理場」なのだ。


どうせ同じ過程を辿るのであれば自分で持ち込むのが一番経済的なのは言うまでもない。人件費がかからない分、ゴミの量(重さ)で料金が決まるシステムになる。


必須条件として、車を持っている(または用意できる)事、ゴミを自分で運べる事、この2つの条件をクリアできれば粗大ゴミを圧倒的低価格で処分する事が可能だ。


では、ゴミ処理場へ粗大ごみを持ち込む過程を説明していく。

スポンサーリンク



ゴミ処理場に粗大ゴミを持ち込む



タイトルは「粗大ゴミ」となってはいるが、もちろん「家庭ごみ」もまとめて捨てる事ができる。引越しゴミには最適だ。


過程は「粗大ゴミの積み込み」→「ゴミ処理場で受付」→「ゴミを下ろす」→「計量」→「支払い」。ゴミの量にもよるが、混雑していない時間を狙えば20分程度で終わる。

一つずつ見ていこう。


粗大ごみの積み込み



軽トラックがあればなお良しだが、自家用車でも何も問題ない。往復するのは面倒なのでできる限り車に詰め込むようにしよう(安全には十分な配慮を)


積み込み時は車のシートを汚さないために養生する事をオススメする。


ハンディ・クラウン 布コロナマスカー 幅1100mm×長25m
ハンディ・クラウン(Handy Crown)
売り上げランキング: 243


↑養生にはこれが便利。


ゴミ処理場で受付



市のゴミ処理場に到着すれば、始めに受付をする。受付といっても簡易的なもので、不審物がないかのチェックもここでされる事になる。

受付には身分証明書が必要なのでお忘れなく。


引越しの場合、新しい家の住所が必要な場合も多い。しっかりと転居先の住所も覚えておこう。



ゴミを下ろす



持ち込んだ荷物は自分で降ろさなければならない。

この時怪我や汚れの防止に軍手が必要なのと、ゴミの匂いが凄いので必要であればマスクも用意しておいたほうが良いだろう。僕はマスクを忘れたのだが、途中3回ほど餌付いた。


収集所の方が立会いしてくれるのだが、当たり前のように手伝ってくれない。見てるだけだ。


むしろ、「早くしてくれ」的な態度をされるものだから無駄に焦ってしまう。こういうの、ホントやだ。


計量



ゴミを下ろす場所そのものが軽量計になっているらしく、ゴミを下ろし終えたと同時に「行ってくださーい」と、まるで厄介払いのように追い出された。

ゴミの重さを聞く間もないほどに。



支払い



最後に支払いをして粗大ゴミ捨ては完了だ。

僕の場合、ソファやベットなど、とても自家用車には積みきれないものは市の回収にお願いし、その他小さいモノはゴミ処理場に持ち込む事にした。


持ち込み分の重さは1.9キロあり、料金は1300円だった。安い。とても安い。


市によって値段は違うだろうから確認してもらいたいが、市の回収や業者に頼めば数倍の金額になる事は間違いない。



最後に



とにかく粗大ごみは自分で持込するのが圧倒的に安くなる。手間も時間もかかるが、それでも節約したい。と言う人はこの方法は本当にオススメだ。


僕は堺市在住なので、今回はクリーンセンター臨海工場に持ち込んだ。参考までに。

スポンサーリンク

 - 生活の事 ,