おすそわけ備忘LOG

僕の脳内アウトプット

*

ここだけやれば大丈夫!「WordPressの初期設定」を行おう

      2015/08/07

WordPressのインストールが完成したと同時に記事を書きたい衝動にかられる事は多い。が、物事には順序があり、それを乱すとろくな事にならないのが世の常である。


WordPressには設定しなければならない項目が沢山ある。順を追って設定していこう。

スポンサーリンク



テーマの設定



WordPressではテンプレートの事を「テーマ」と呼ぶ。聞きなれない言葉ではあるが、WordPressに慣れてくると逆にテンプレートと呼ぶのに違和感を感じるようになる。人間って素晴らしい。


テーマ=サイトデザイン

と考えておけばまず間違いない。WordPressでは無料、有料のテーマが沢山存在しており、好みのテーマを利用してWEBサイトを構築していく事ができるようになっている。


テーマの追加方法


テーマを追加_‹_おすそわけ備忘LOG_—_WordPress


管理画面から画像緑枠「テーマ」を選択する。ここからテーマのダウンロード、アップロード、有効化を行う事ができるので覚えておこう!


管理画面から好みのテーマを見つけるのは若干難しい(というより品質に関して疑問が残る)ので、そこは困った時のGoogle様だ。検索で「WordPressテーマ」を調べれば沢山ヒットするはずだ。


ただし、SEOに強い!2万円!などと、根拠のない情報を付け加えて高額で販売しようとする業者も多いので注意して欲しい。


好みのテーマを見つければダウンロードをし、圧縮(zip)し、サーバー上にアップする。特に難しい事ではないので一度チャレンジしてみよう。


「テーマのアップロード」という項目があるのでクリック。


テーマを追加_‹_おすそわけ備忘LOG22_—_WordPress


後は先ほど圧縮したファイルを選択しインストールするだけ。テーマ一覧に追加されているので有効化(適用)してこの項目は終了だ。



一般設定


一般設定_‹_おすそわけ備忘LOG_—_WordPress


次に「一般設定」をしていく。

この項目で必ず設定しておかなければならないのは「サイトタイトル」と「キャッチフレーズ」のみ。他の設定はデフォルトのままで基本問題ないのでスルーしておこう。


サイトのタイトル



WordPressインストール時にタイトルを決定した人はこの項目はパスしてくれても大丈夫。決めていない人は良く考えてタイトル付けをするようにしたい。


というのも、ブログのタイトルには人を惹きつけるなにかがあるからだ。

インパクトのないブログタイトルに人は興味を示さない、インパクトこそ正義、インパクトのあるブログタイトルは万人もを惹きつける!


大袈裟ではなく、これは事実。


例を挙げると「化粧品販売サイト」というブログか、「あなたも絶世の美女になれる!?話題の化粧品販売サイト」か。

極端ではあるが、この二択ではどちらのサイトを訪問する気になるか?考えるまでもない。

圧倒的に後者に人は集まるだろう。



第三者の気持ちになり、効果的なタイトル付けを。



キャッチフレーズ



特にブランディング用に運営するブログであればキャッチフレーズは外せない。ぶっちゃけそうでない場合は必要ない場合も多いので、該当する場合は空欄でも問題はない。


大々的にCMをやっているイナバ物置だが、印象のあるキャッチフレーズを耳にした事がある人も多いだろう。

「100人乗ってもだいじょーぶ!」


非常にインパクトのあるキャッチフレーズであり、一度聞いたら忘れられない物である事は間違いない。

事実、キャッチフレーズ一つで大きなシェアを獲得した事は容易に推測できる。


ブログタイトル同様、キャッチフレーズにもインパクトを。



表示設定


表示設定_‹_おすそわけ備忘LOG_—_WordPress


次は「表示設定」

この項目では「フロントページの表示」「1ページに表示する投稿数」「検索エンジンでの表示」の3つ。1つずつみていこう。



フロントページの表示



フロントページとはトップページの事であり、この設定ではトップページにアクセスした時の表示方法を指定する事ができる。

選択肢は「最新の投稿」と「固定ページ」の2択。



最新の投稿にチェックした場合は、記事を更新した順でトップページに表示されるようになる。通常のブログと同じ感じと思っておいて間違いない。


一方の固定ページは、記事更新の有無を問わず、固定された情報を表示されるようになる。コチラはブログとは違い、通常のWEBサイトを構築する時に使われる設定方法だ。


会社案内サイトや、比較サイトを作成する時は「固定ページ」で表示するほうがユーザビリティが上がる事は間違いない。



1ページに表示する投稿数



前述「フロントページ」で最新の投稿を選択した場合、コチラの設定もお忘れなく。

トップページが記事情報で溢れかえってしまえば見栄えも悪くなり、1人当たりの滞在率を著しく下げてしまう。これは非常に勿体無い。


1ページに表示する記事数は多くても10記事。テーマデザインによっては5記事程度で十分だろう。



検索エンジンでの表示



ブログへのアクセス流入元の大半を占めるのがGoogleを代表とする検索エンジン。

ここでは、ブログ運営には欠かせない検索エンジンに表示させるかどうかの設定を行う事ができるが、よほどの事情がある場合を除き、必ずチェックを外すようにしておこう。


自らアクセス流入を防ぐ必要性は皆無だ。

スポンサーリンク



ディスカッション


ディスカッション設定_‹_おすそわけ備忘LOG_—_WordPress


ディスカッションとは聞き慣れない言葉ではあるが、この項目は主にコメントの設定となる。


コメントの設定は個人差が大きくなる設定であるため、実際に見て設定してもらうのが一番良いのだが、ここで大事なのが「コメント欄は必要なのかどうか?」という事。


一般的なブログ(出来事を共有したり、慣れ合いを楽しんだり)であればコミュニケーションのためにコメント欄は必要なのかもしれない。しかし、ビジネス利用の場合は果たして必要だろうか?


必要ない。と決断したのであれば次の設定を。



コメント欄を表示しない



上記で記した理由もコメント欄を表示しない理由ではあるのだが、WordPressの場合コメントスパムが非常に多い。対策しても対策しても。次から次へとスパムコメントが寄せられる。


コメント_‹_コマンド-D_—_WordPress


WordPressを始めてから、「イタチごっこ」という言葉の本質を理解できたような気がする。。


このように、コメント機能にはデメリットも沢山ある。

各記事からコメント欄を表示させなくするには「新しい投稿へのコメントを許可する」のチェックを外すようにしよう。これだけで恐怖のスパム攻撃がなくなるだろう。



パーマリンク


パーマリンク設定_‹_おすそわけ備忘LOG_—_WordPress


これが最後の設定。諦めずに最後まで頑張ろう!


パーマリンクとはURLの形を決める設定であり、今回紹介した設定方法の中で1番重要なポイントなので心して設定してもらいたい。

とはいえ設定そのものはとても簡単なのですぐ終わる。


パーマリンク構造は沢山の種類があるが、基本的に「カスタム構造」にチェックをいれ「/%postname%」を入力するだけで大丈夫。このブログもそうだし、僕が運営するWordPressサイトは全てこの設定だ。


この設定にしておくと


投稿の編集_‹_おすそわけ備忘LOG_—_WordPress


このようにURLの最後を自分で入力できるようになる。自由度の高い設定だ。


まとめ



これでWordPressで最低限必要な設定は終了。後は好みに応じて変更してもらいたい。とにかくこれで記事を書くための準備は整ったので、ぜひ楽しいWordPressライフを送ってもらいたいと思う。

スポンサーリンク

 - WordPress