おすそわけ備忘LOG

僕の脳内アウトプット

*

Amazonアソシエイトのサイト登録審査が通らない時の対策方法

   

ブログやサイトでAmazonの商品を紹介して報酬が得られる「Amazonアソシエイト」。多くのブロガーやアフィリエイターが利用し、収入を得ている事だろう。

運営者にとってとても有り難い「Amazonアソシエイト」ではあるが、誰しもが利用できる訳ではない。Amazonが決めた基準に合格した者のみがその恩恵に授かれるのだ。


とはいえ、まともなサイトやブログを運営しているのであれば特に問題なく審査に通り、アソシエイトプログラムに参加できる。

しかしだ、今回僕が新規に作成したサイトが、追加申請審査に「不合格」してしまったのだ。サイトコンテンツには自信があったし、不適切なページや文言も見当たらない。

という事で、色々と修正して再審査を受けたのだが、結果として無事審査に通る事ができた。


同じようにAmazonアソシエイトのサイト追加審査に通らなくて困っている人もいるだろうと思い、今回の経験を備忘録として書き出していこうと思う。審査落ちの理由は様々だろし、同じ事をしても通らない事もあると思う。

こんな事例もあるんだ。程度の認識で参考にして貰えればと思う。

スポンサーリンク



始めに



始めに、Amazonアソシエイトの「サイト登録」の部分に触れていきたいと思う。

意外にもAmazonアソシエイトの「規約」について知らない人が多いようなので、今一度復習の意味も込めて読んで欲しい。


サイト登録をする理由



Amazonアソシエイトでは、商品リンクを貼る全てのサイトを登録しておく必要があり、無許可にリンクをペタペタ貼る事は規約違反になるのだ。

もちろん発生した成果も没収されるであろう。


1つのサイト登録につき、毎回審査が行われる事になり、無事審査に通ったサイトのみがアカウントに追加される事になる。もちろん不合格になる事もあるので覚悟はしておこう。


サイト追加方法


Amazonにサイトを追加するにはアカウントページより申請しなくてはいけないのだが、とにかく方法が分かりにくい。自力で解決するのが難しいほどサイト登録の難易度は高いので、ここで紹介しておこうと思う。


Amazon_アソシエイト(アフィリエイト)_-_ホーム

Amazonアソシエイトにログインすれば、右上に「アソシエイトアカウントの管理」という項目がある。文字が小さく探しにくいのだが、必ずあるので頑張って探してもらいたい。





Amazon_アソシエイト(アフィリエイト)


アカウントの管理画面に移行するので、「WEBサイト情報の確認」をクリック。






Amazon_アソシエイト2(アフィリエイト) 2


またまた分かりにくい場所にリンクがあるのだが、「こちらから」という文言がリンクになっているので探しだし移動。見落としてしまうぐらい小さく表示されているのでよーく見てみるように。





Amazon_アソシエイト(アフィリエイト)_-_アソシエイトお問い合わせフォーム


最後はフォームに必須事項を入力し送信するだけ。お愛想程度にコメント入力もしておいたほうが良いかもね。審査してくれる人も、画面越しとはいえ人間だから・・・。



審査について



さて、サイトを登録申請したら後は審査結果を待つのみ。フォームで入力したメールアドレス宛に審査結果が届くので随時確認しておこう。

万が一審査に通らなかった場合、迅速に対応するほうが次の審査に有利になるように思う。なんとなくではあるが。


審査期間



結論を言えば、Amazonアソシエイトの審査結果は短期間で済む。人によっては審査終了まで時間がかかる場合もあるのかもしれないが、経験上次の日の朝には審査結果が届いている事が多い。

早い人なら数時間で審査結果が返ってきたという情報もあるので、営業時間内の登録ならその日の内に審査結果が分かるのかもしれない。


3時間〜2営業日以内には審査結果がでると思うので、焦らずジッと待とう。


審査に通った時

アソシエイト・プログラムへのお問い合わせ_-_da1223_2_gmail_com_-_Gmail


Amazonアソシエイトのサイト登録審査に通った時は、上記のようなメールが送られてくる。短い文言ではあるが、この瞬間のホッとした気持ちは言葉で伝えようもないほどだ。


審査に落ちた時

アソシエイト・プログラムへの2お問い合わせ_-_da1223_2_gmail_com_-_Gmail 2


逆に審査に落ちた場合はこのようなメールが送られてくる。見た時は「え?」と目を疑い一瞬フリーズしてしまった。これまではAmazonのサイト審査で落ちた経験はなく、通るのが当たり前と思っていた分ショックはでかかった。


審査落ちした理由を書いている場合もあるし、書いていない場合もある。


前者であれば対策はしやすいが、後者であれば本当に困る。僕の元に届いたメールには、承認されなかった旨のみが記載されており、承認されなかった原因については一言も書いていなかったのだ。

一瞬諦めかけたが、なんとか原因を突き止め最終的には審査に合格する事ができた。現在進行形で同じような状況におかれている人は、ぜひ諦めずに承認を勝ち取ってもらいたいと思う。

スポンサーリンク



審査落ちの対策



さて、前置きが長くなってしまったが、そろそろ本題へ入ろうと思う。

Amazonアソシエイトのサイト登録審査に落ちてしまった事によるショックは大きいだろうが、ヘコんでいても結果は変わらない。まともに制作し、まともに運営しているサイトであり、Amazonの規約に違反していないコンテンツであれば、ほぼ100%審査には通る。


審査落ちした場合、承認を得るための対策方法を考え、修正するのが重要となる。現在の自サイトが置かれている状態を理解し、必要であれば修正を加え再審査をお願いしよう。


審査落ちの理由を考える



僕程度があれやこれやとAmazon側の理屈について考えたところで、結局は空想の理論となってしまうのだが、ある程度の審査基準ぐらいであれば想像はつく。最低限「これだけはやっとけ」ぐらいのスタンスでサイト修正をしてくれればと思う。


一つ目は、「サイトの完成度が低い状態」である事。一般的なサイトであれば、少なくとも10ページ程度以上の構成となっている事が多い。3記事とか、4記事とか、あからさまなアフィリエイト目的の完成度であれば審査に通る事は難しいだろう。


Amazonは、アフィリエイターに名前を貸しているのである。僕たちアフィリエイターは「Amazon」という巨大看板を利用し、商品を紹介する形でビジネスを行っているのだ。「Amazon」の看板に泥を塗るような行為は嫌われて当然である。


Amazonサイドからすれば、「ユーザーに利点がないような低品質サイトにAmazonの名前は出せない」となるのが自然な考え方であり、Amazonに不利益が出る可能性があるサイトを承認する事など、言語道断なのだ。


2つ目は「コンテンツ」による問題。モラルに欠くような描写をしているコンテンツは基本的にNGだ。そのようなコンテンツがサイト内にある場合、削除してから審査を受けるようにしておこう。なぜならアカウントの削除にも繋がるから。



僕が修正した箇所



前述した通り、僕の元に届いた非承認メールの内容は薄っぺらいものだった。なぜ非承認になったのか?の旨が全く書かれていなかったのである。サイトのコンテンツ量も少なくはない(24記事程度)し、趣味に関するサイトなのでコンテンツの問題性はない。


正直どこを修正したら良いのかが分からず、とにかく少しでも不安要素のある箇所は修正してみる事にしたので、この時行った対策を全て上げていこうと思う。


記事の追加



単純にコンテンツの追加をしてみた。申請したサイトはほとんど完成系の状態であったため、それほど多くの記事を追加するには至らなかったが、同一カテゴリ内に「3つ」の記事を追加してみた。

これが審査にどう影響したのかは定かではないが、ページ数が増加した事によるユーザビリティが増したと思えば儲けものだ。



ランキングの削除



一度は目にした事があるであろう。◯◯ランキング!ドヤ!とページ内に大きく表示されたものを。

過去に作ったサイトでこのような表記をした事がなかったのだが、今回は挑戦してみようと思い設置してみたのだ。もちろんランキングには一切の根拠はなく、単純に自分が良いと思っているもの順に並べただけのものである。


根拠のないランキングはユーザーにとって不利益に成りかねないかも・・・と考え、ランキングは削除し、オススメの物1点に絞り紹介する方式に変更した。もちろん、この行為が審査に影響を与えたのかどうかは定かではない。



メールフォームの追加



情けない事に全く知らなかったのだが、Amazonアソシエイトリンクを貼る全てのサイトには「お問い合わせ」についての項目がなければならないらしい。ユーザーが運営者に直接的に連絡できる経路を定めておくのが決まりらしく、これがなければ審査は通過しないとの事。


簡単で良いので、サイトにお問い合わせフォームがない場合は追加しておこう。


WordPressは「プラグイン」で簡単に実装する事が可能なのだが、HTMLで構成されたサイトは少し手間がかかる。自分で仕組みを作れるのであれば言うことはないが、そうでない場合はなんらかのサービスを利用するのが現実的だ。


今回ボクが利用したのは「リスケット」というサービス。

今の所、無料で100個までのメールフォームが作成できるらしく、デザインも性能も申し分なし。フォームを作成すればHTMLタグが生成される。それをコピペするだけで立派なメールフォームを作成する事ができる。


お問い合わせ


↑実際に作成したのがこのフォーム。スマートフォン表示にも対応しており、とても無料とは思えないサービスだ。ぜひ利用させてもらおう。


まとめ



Amazonアソシエイトは、WEBコンテンツで収益を上げようとする人にとってとても便利なサービスだ。Amazonの商品を紹介する。という行為そのものがコンテンツとも成り得るのだ。

サイト追加申請は繰り返し何度でもする事ができる。悪質な場合はアカウントを凍結されてしまう恐れもあるだろうが、誠実に運営しているサービスであればお咎め無しで再審査をして貰えると思う。


現在進行形で悩んでいる人は、諦めずに承認を勝ち取ってもらいたい。

スポンサーリンク


 - 稼ぐ事