おすそわけ備忘LOG

僕の脳内アウトプット

*

アフィリエイトの始め方

   

最近は「アフィリエイト」って言葉を知っている人も増え、アフィリエイトが身近なものになっているような気がする。その市場も年々増加傾向にあり、インターネットビジネスの登竜門としてアフィリエイトに参加する人も多いだろう。


僕もその中の1人で、6年ほど前からアフィリエイトをやっている。収入は公開しない主義なのでご想像にお任せするが、関西人なら「ボチボチでんなー」というぐらいの収入を得る事はできている。


「アフィリエイト」という言葉が認知されるほど、参入しようとする人が増えるのは必然的。この記事では「アフィリエイトの始め方」について重点的にお話していく。まずはスタート台に立ちたい!って人はぜひ参考にしてもらいたい。

スポンサーリンク



始めに



始めに理解してもらいたい事が6項目ほどあるのでまず聞いて欲しい。大体の人は読み飛ばすだろうが、基礎を疎かにしては上手くいくものも上手くいかない。

基礎知識を身につけ、アフィリエイトで稼ぐ準備をしていこう。


アフィリエイトとは?



「敵を知り己を知れば百戦危うからず」という言葉があるように、自分を知る事も然ることながら、敵(アフィリエイト)の事を知る事で、幾度危機に陥ったとしても、最終的には上手くいく事になる。

アフィリエイトの意味を根本から知っておこう。


アフィリエイトは「提携」という意味があり、あなたと企業が提携し、お互いwinwinの関係を築いていこうね。って事。

企業は売りたい(宣伝したい)商材をアフィリエイターに宣伝してもらう。あなたの紹介からコンバージョンがあった時のみ、見返りとして報酬を支払う訳だ。


例を挙げると、企業は10000円の時計を売りたいと思っているが、思うように売上が伸びない。自分達の力量だけでは売上を伸ばす事ができないと判断した企業は、第三者に販売を仲介してもらおうと考えた。


そこで登場するのが、インターネットを用いて収入を得たいと考えているアフィリエイターだ。


自分で商材を用意し販売するのではなく、既に製品化され販売している商品を売るほうが在庫リスクもないし楽。売りたい企業と、お金を稼ぎたい人。

一見繋がる事がなさそうな二者が、アフィリエイトを介して出会った訳だ。



企業は、10000円の時計を売ってくれたら10%の紹介料を払うと提示。

アフィリエイターはブログやサイトやSNSで商品を紹介し売り込んでいく。そこからコンバージョンがあれば1万円の10%にあたる「1000円」があなたに振り込まれるという事だ。


アフィリエイトってのはこんな感じ。


商品やサービスを売りたい企業は「ASP(後述)」を介してアフィリエイターと契約する事になる。アフィリエイトを始めるのに「営業」は必要ないので安心してもらいたい。



アフィリエイトの魅力



アフィリエイトに対して良いイメージを持っていない人は多いみたいだが、実際はその反対なのだ。アフィリエイトほど魅力たっぷりなビジネスなど、僕の知る限りでは数えるほどしかない。


というのも、アフィリエイトはリスクが限りなく低いビジネスだからだ。


通常ビジネスを始める時は「初期費用」が沢山かかるものだ。店舗を用意したり、在庫を揃えたり、機材を揃えたり。数百万円の出費は覚悟しておかなくてはならないだろう。


では、アフィリエイトはどうだろうか?


店舗は必要ない(自宅でできる)し、在庫も必要ない(代理販売)。機材はパソコンがあればなんとかなる。既にパソコンを持っているなら、初期投資0円からでもスタート(オススメはしないが)する事ができる。


そして、アフィリエイトは労働型収入ではなく、資産型収入となる事が多い。


ある一定規模以上のサイトやブログを媒体として所持していれば、毎月安定的に自動集客する事ができるようになる。多少のメンテナンスは必要だが、週1時間程度あれば十分なので、実質0のようなものだ。


勝手にお客が来て、勝手に商品を買っていってくれる。アフィリエイトではこれがあり得るのだ。自分が働いてない時以外でも、所持している媒体が収益を上げてくれる。


これを魅力と言わず何と呼ぶのか。



アフィリエイトは簡単?

SEP_355215221321-thumb-1000xauto-17902



Googleで「アフィリエイト簡単」というキーワードで検索してみてもらいたい。誰でも簡単に〜とか、楽勝で〜とか、アフィリエイトは誰でも簡単に稼げるぜ。的な言及をしている人が多いが、アフィリエイトはむしろ難しい分野に入ると思う。


簡単に稼げる訳もないし、稼げるようになるまでに沢山の時間がかかる。疲れた体にムチを打ち、毎晩目をこすりながら作業しても全くお金にならない時期がずっと続くかもしれない。

そもそも、アフィリエイトがそこまで簡単に稼げるビジネスであれば、既に飽和して新規参入者など門前払いされる事だろう。


よく言われているのが、月1万円以上稼げているアフィリエイターは全体の5%未満というデータ。どこまで信憑性が高いものかは分からないが、ほとんどの人が月に1000円程度の収入しか稼げていないのであろう。


このデータを見て、アフィリエイトは簡単なのか?という質問を繰り返し聞くような人は、物事の本質を見抜けない人であり、アフィリエイトを含むどのようなビジネスにも向いていないと思う。


本質から目を反らす事は簡単だが、それに立ち向かおうとする精神がなければ上手くいくものも上手くいかない。

「アフィリエイトで稼ぐのは難しい」という事を理解し、それを前提に作業を進めていける人は、すぐに何かしらの結果はでるはずだ。


アフィリエイトは簡単でない。という事は常に頭の片隅においておこう。



収入はどれくらい?



前述した通り、ほとんどの人は月1万円の収入すら稼げてない訳だが、その反対にもの凄い金額を稼いでいるアフィリエイターも存在する。これを見てほしい。


スクリーンショット 2015-08-31 21.23.54


あるASPが公開している情報だが、1位の人は1000万円以上稼いでいる。年ではなく、月収1000万円オーバーだ。


ここまでの収入を上げるのは生半端な覚悟では達成できない数字だろうが、とても夢のある事実だと思う。アフィリエイトだけで億万長者も夢ではないのだ。


ま、副業として現実的な収入の目安としては月5万円〜ぐらいだろう。5万円ぐらいの収入であれば努力次第で誰にでも達成できる数字であるとは思う。


専業やっている人であれば月に30万円〜以上稼いでいる人も多いだろうし、如何せんアフィリエイトは想像以上に稼ぐ事ができるビジネスだ。


収入を上げるまでは難しいが、一度軌道に乗れば収入も右肩上がりに増えてくる。



初期費用は?



やろうと思えば、アフィリエイトは初期費用0で始める事ができる。後で説明していくが、WEB上には無料でアフィリエイトをしていくだけのサービスが沢山揃っている。


ただし、僕は無料でアフィリエイトを始めるのをオススメしてはいない。理由を話すと日が暮れるので割愛するが、「タダより怖いモノはない」というスタンスで大丈夫。


とにかく、お小遣い稼ぎとして始めるのであればともかく、本気のビジネスとしてアフィリエイトを始めるのなら、最低限の初期費用は覚悟しておこう。

とは言っても、目が飛び出るほどの金額にはならないので安心してもらいたい。


パソコンを所持している事を前提にして計算すると、おおよそ1万円前後の出費になると思う。僕がオススメするツールなんかも購入するとなれば軽く10万円コースになるのだが、最初の内は最低限だけ揃えておけば良い。

自らリスクを増やす行為など必要ないであろう。


内約は「サーバー契約」「ドメイン取得」ぐらい。初期費用1万円のほとんどは「サーバー契約」によるものなので、キャンペーン時を狙えば2000円程度に収まる場合もある。おおよその参考にしてもらいたい。



毎月の必要経費は?



アフィリエイトで収益を上げていくほど毎月の必要経費は増えていくものなのだが、最初の内は「サーバー契約」による出費がメインとなる。


サーバーとは、現実世界でいう土地の事であり、アフィリエイトするための媒体(サイトやブログ)をWEB上にアップロードするために必要なものである。無料のサーバーもあるが、やはり有料のものをチョイスしておくほうが後々楽だ。


レンタルサーバーにより毎月の料金は変わるのだが、スペックが低いレンサバで200円〜、一般的なスペックで1000円〜程度だ。ちなみにこのブログは月額1500円のサーバー上に設置している。


サーバー詳細/heteml



アフィリエイトの準備



タイトルを回収するまでに3000文字以上も書いた訳だが、ここからが本番なので良く読んでもらいたい。アフィリエイトの基礎知識を身につけたら、次はアフィリエイトをするための準備をしていく。


最初は面倒な作業になるが、一度用意してしまえば後はそうでもない。短期間で一気に片付けるようにしよう。では、1つずつ見ていく。



媒体を用意する



アフィリエイトをするには、WEB上に何かしらの媒体を所持しなくてはならない。現実世界で言う「店舗」の事だと考えれば良い。


「メルマガ」、「無料ブログ」、「HTMLサイト」、「WordPress」、「SNS」など、個人がWEB上に媒体を持つ事は比較的簡単になっている。どれを選択しても、低予算(無料も)で成功できる可能性は秘めている。

自分にあった媒体を所持し、アフィリエイトで稼ぐためのスタート地点に立ってみよう。



メールマガジン



誰でも一度は受信した事があるであろう「メールマガジン」だが、メルマガでアフィリエイトする事ももちろん可能だ。一昔前であれば、メルマガアフィリエイトのみで月収数百万を稼ぎだす人が沢山いた。


現在は飽和した事もありそれほどではないが、月数万円程度であれば十分狙えるキャパは残っていると思う。


メールマガジンで大切なのは、如何に読者を集めるか。という事。


現時点で大量のリスト(見込み客のメールアドレス)を所持しているのであれば話は変わってくるが、一から始めるとなれば遠い道のりを歩まなくてはならないだろう。

鹿児島から青森まで徒歩で移動するぐらいの遠い遠い道のりを。一言で言えば、初心者にはオススメできない媒体だ。



無料ブログ


無料で誰でも簡単にブログを所持する事ができるサービスだ。有名所で言えば「アメブロ」だろう。


しかし、アメブロはアフィリエイトの閉め出しが厳しくなり、実質アフィリエイト不可能な状態になっている。オススメなのは↓

はてなぶろぐ

はてなブログ



はてなブログはシンプルで扱いやすく、なおかつアフィリエイターに寛大な気がする。多くのアフィリエイターが利用しているので安心して利用する事が可能だ。


しかし、無料ブログにもデメリットがある。


はてなブログにしろ、他の無料ブログサービスにしろ、アメブロのように「実質アフィリエイト禁止」とならない保証はどこにもないのだ。アメブロも昔はアフィリエイターの巣窟となっていた。


だからこそアフィリエイトに対して嫌悪感を示したのだろうが、今後アメブロ以外のブログサービスでも同じ事が連鎖する事は容易に想像できる。


アフィリエイトを始めた当初は無料ブログでも良いだろうが、慣れてくれば他の選択肢も見据えておいたほうが良いと思う。



HTMLサイト



ブログとは違い、HTMLで構成されたWEBサイトの事を一般的に「HTMLサイト」と呼ぶ。

少し難しい言い回しをすると、ブログの場合は動的サイトになり、HTMLサイトの場合は静的サイトとなる。要するに、ブログのように更新頻度が高くないが、一つのテーマに沿って情報がまとめてあるサイトの事を指す。


アフィリエイトの基本であり、多くのアフィリエイターがHTMLサイトを作成し、成功を収めている。


HTMLはとっつきにくい印象があるが、現在では初心者でもWEBサイトを簡単に作成できるサービスやツールが沢山リリースされている。ブログのような感覚でHTMLサイトを作成する事も可能なので、難しい印象を持たず、挑戦してみるのも良いかと思う。


アフィリエイトを長く続けていくのに「HTMLサイト」は切っても切れない関係になる。怖がらず、チャレンジしてみよう。



WordPress



このブログはWordPressで作ってある。

WordPressというのは、誰でも簡単にブログを構築できるサービスであり、無料ブログとは違い自らサーバー上にWordPressをインストールして利用する事になる。


WordPressのようなサービスの事を「CMS(Contents Management System )」と呼ぶ。WEB上にコンテンツを作成するためのソフトウェアと考えておけば良いと思う。


一見難しそうな感じもするが、WordPressを設置、運営するのは誰でもできる。もちろん、特別な知識など特にいらない。必要なのは難しそうな事にも恐れず挑戦する心意気のみ。



WordPressに関しては「WordPressインストール方法」の記事でまとめているので参考にしてもらいたい。


SNS



多くの人がやっているであろう「SNS」でも、アフィリエイトする事が可能だ。

一番アフィリエイト向けなのは「Twitter」であり、最近では「Facebook」でもアフィリエイターらしき人が活動してるのをよく見かける。売れているのかどうかは不明だ。


しかし、僕は「SNS」単体でアフィリエイトをするのは厳しいのではないか?と感じている。SNSで「この商品良いよ!買って!」と投稿している人を信用する気になるだろうか?

少なくても僕はならないし、なんならフォロー解除、友達リストから除外する事もある。


要するに、SNSを経由して他の媒体へ送り出すのが一番のやり口だと思う。ブログの更新通知をSNSで行い、そこから集客。販売はブログ記事で。と、このような戦略を立てるのが良いのではないだろうか?



サーバーの契約



アフィリエイトをどの媒体でしていくのかを決めれば、次は「サーバー」を契約する。HTMLサイト、WordPressでは必ず「サーバー」が必要だし、いずれにせよアフィリエイトをしていくのであれば1つ以上のサーバー契約は絶対条件だ。


※レンタルサーバーは現実世界で言う「土地」の事。サーバー上にWEBサイト(家)を構築(建設)していく事になる。



レンタルサーバーというサービスを介して利用する事になるのだが、選択肢が多すぎて迷う事もあるだろう。そんな時は「値段」と「ネームバリュー」で決めれば間違いない。


最近のレンタルサーバー業界は競争が激しく、値段が安い割に機能が充実してる事が多い。


ロリポップ

詳細/ロリポップ!



「ロリポップ」は多くのアフィリエイターが契約しており、もちろん僕も契約している。

ロリポップには4つのプランがあり(2015/9/1現在)、「コロリポ」、「ロリポ」、「チカッパ」、「ビジネス」と、選択肢が多いのが特徴だ。もちろん後々のプラン変更にも対応している。


コロリポプランは月額100円で利用する事ができ(WordPressには対応していない)、アフィリエイトのスタートダッシュには持ってこいのレンタルサーバーだ。



他にもレンタルサーバーを提供しているサービスは沢山あるので、ぜひ自分の目で確かめてもらえたらと思う。ほとんどのレンサバには「無料期間」が設けられているので、まずはお試しで利用してみるのも一つの手だ。


多くの初心者アフィリエイターが疑問に思う事だろうが、1つのサイトにつき1つのレンタルサーバー契約である必要はない。

レンタルサーバーを1つ契約すれば、容量が許す限り何個でもサイトを作成する事ができるので安心しておこう。



独自ドメインの取得



レンタルサーバーは現実世界で言う土地の事だが、土地に建物を建てれば「住所」を定めなくてはならない。

それはWEB上でも変わりなく、住所の変わりである「ドメイン」を取得し、WEBサイト毎に割り振らなくてはならない。(詳しくはドメイン取得方法にて)


「.com」だとか、「.jp」だとか、インターネットに触れた事があるのであれば、一度は目にした事があるだろう。


独自ドメインは、「〇〇.com」の◯の部分を自由に決める事ができる。もちろん既存のものは取得できない。




↑枠内に取得したいドメインを入力すれば、取得可能かを知る事ができる。一度確認してみよう。


独自ドメインを一つ取得すれば、複数サイトに住所を振り分ける事も可能(サブドメイン)なので、まずは1つのドメインを契約してみる事をオススメする。料金は年額1000円程度(TLDによって異なる)

スポンサーリンク



ASPについて



さて、ここまででアフィリエイトをスタートできる環境は整った。まずはWEB上に自分のサイトやブログを作成し、いくつか記事を書いておこう。


作成したサイトがある程度の形になれば、次は報酬を得るための準備に進めたいと思う。「ASP」というサービスに登録する事になるので覚えておいて欲しい。

ASPに登録するためには審査がある。それほど厳しいものではないが、最低限以上のWEBサイト(ブログ)を所持しておく事が絶対条件になるので、予め用意しておく事が必要だ。


では、ASPについて知っていこう。



ASPとは?



ASPとは、アフィリエイトプログラムを配信するサービスプロバイダであり、広告主とアフィリエイターの架け橋となってくれる存在だ。報酬は広告主から振り込まれるのではなく、ASPからの振込になる。


企業と直接契約してアフィリエイトを行う方法もあるが、やはりASPを介して展開したほうが遥かに楽だ。それなりの規約はあるが、提携する広告が営業無しで得られるのは物凄いメリットだと思う。


利用料は無料だし、広告提携する際の手数料も無料。ASPは広告主側から手数料収入を得ているので、アフィリエイター側に支払い義務は一切生じない。好きな広告を好きなだけ提携する事ができるのだ。



取り扱ってる広告は主に「成果報酬型」の案件がほとんど。会員登録、商品の購入、資料請求など、何かしらのアクションがあった時に報酬が発生する仕組みである。


ASPによっては自己アフィリエイトと呼ばれる方法を認めている所もある。自ら広告にアクションする事でも報酬が発生してしまうのだ。自己アフィリだけでも10万円程度は稼げてしまうのは驚きだ(1回きり)


アフィリエイトをしていくのにASPは絶対必要。複数のASPに同時登録しておく事をオススメする。



オススメのASP



僕がメインで使っているASP2社を紹介しておこうと思う。つい最近までは1社に絞り活動してきたのだが、知り合いのアフィリエイターが進めてきた事により、現在は2社のASPを利用しアフィリエイトを行っている。


1つは「A8ネット」で、もう一つが「アフィリエイトB」というサービスだ。一つずつ紹介していく。



A8.net

a8

詳細/A8.net



僕がずっと利用しているASPであり、多くのアフィリエイターがメインとして利用しているサービスだ。登録者数も広告数も、他社に比べ圧倒的に多く、特に「物販」系のアフィリエイトでは定評がある。


5年連続でアフィリエイト満足度ランキング1位を獲得している事もあり、使用感、安心感、規模、どれをとっても超一流のASPだ。


アフィリエイトに絶対欠かせないASPなのは間違いない。ぜひ登録しておこう。



アフィリエイトB

アフィリb

詳細/アフィリエイトB



友人に紹介された事をキッカケに登録したのが「アフィリエイトB」だ。昔からある老母ASPではあるが、理由もなく距離を置いていたASPであり、友人に紹介されなければ一生利用していなかったであろうASPだ。


登録して感じたのは、管理画面の使いやすさ。ASPの多くは管理画面がゴチャゴチャで使いにくいものが多いのだが、アフィリエイトBはとても扱いやすい。なんとなくやる気を刺激してくれるインターフェイスなのだ。


広告数はA8に比べると少ない。広告の選択肢が狭くなる事は否めない。


しかし、アフィリエイトBには初心者に優しいシステムが実装されている。

「最低振込額」が777円〜という点だ。多くのASPでは最低振込額が5000円以上に設定されている中、この数字はとても嬉しい限りだ。


アフィリエイトを始めてすぐは5000円の報酬など夢のまた夢に感じる事になるのだが、777円であれば1件の成果を挙げれば達成できる数字だ。成果が上がればモチベーションも上がる。


アフィリエイトBはメインASPになれるほどの実力も兼ね備えているので、登録しておいて損はないだろう。



アフィリエイトの種類



アフィリエイトの基礎を知り、サーバー、ドメインの契約も完了。広告を貼るための媒体も用意し、ASPの登録審査にも通った。となれば、後は収入を得るために努力していくだけとなる。


1つのWEBサイトを徹底的に育て上げるのもあり、複数サイトを展開していくのもあり。人それぞれ進むべき道は違うであろうが、間違ったやり方を継続して続けていくのは効率が悪い。というより、収入に大きな差が生まれる。


自分に向いているアフィリエイトの方法を探しだし、自分なりのノウハウを身につけ、収入に結びつける。そうなるためにも、「アフィリエイトの種類」を把握しておく必要がある。


大きく分けて「物販アフィリ」、「成果報酬型アフィリ」、「PPCアフィリ」と3つの種類に分ける事ができるので、1つずつ紹介したいと思う。どの方法も収入を上げる事は可能なのだが、向き不向きはもちろんある。自分にあったアフィリエイト手法を見つけてみよう。



物販アフィリエイト



文字通り「物」を売るアフィリエイト方法だ。楽天市場やAmazonなど、有名なショッピングモールと提携し、どの商品でもアフィリエイトする事が可能になる。


購入した商品のレビューサイトであったり、まとめサイトであったり。まぁ方法は沢山ある。


僕は物販アフィリエイトをメインに活動しており、メインで使っているASPはAmazonだ。


Amazonアソシエイト

詳細/Amazonアソシエイト



Amazonで販売されている商品のほとんどをアフィリエイトする事ができるので、商材に困る事はまずない。報酬率も高く、ジャンルによって異なるのだが3%以上の報酬を得る事が可能だ。


1万円の商品を売って「300円」の報酬を得る事ができる。ただし、上限は1000円と決まっており、仮に1億円の商品が売れても手に入る報酬は「1000円」なのだ。



そして、一番注目して欲しいのは、Amazonアソシエイトのクッキー機能だ。


例えばあなたのブログで商品Aを紹介したとする。商品Aが気になりあなたのアフィリエイトリンクからAmazonへ移動した読者は、商品Aの事など忘れて商品Bに目移りしてしまった。


結局読者は商品Bを購入したのだが、それでも商品Bに対するアフィリエイト報酬はあなたに支払われる事になる。


Amazonは24時間のクッキー機能が有効になっており、あなたのリンクをクリックした読者が、24時間以内にAmazonで購入した商品全てにアフィリエイト報酬が支払われる事になるのだ。


1つの商品を紹介するだけで、予想外な複数個の商品に対するアフィリエイト報酬を受取る事が可能だ。

経験上、アソシエイトリンクのクリック数に対してのコンバージョン率は4〜6%程度に収まる。仮に6%と過程すると、100クリックにつき6個の商品が売れる計算になる。


要するに、サイトやブログからAmazonにアクセスを流入さす事ができれば収入を得る事ができると言うわけだ。Amazonリンクのクリック率はとても高いので、アクセス数を増やせば大きなリターンを生む事が可能になる。


ちなみにAmazonと並ぶ巨大ショッピングモール「楽天アフィリエイト」では、クッキーが最大30日間継続する。その代わりほとんどの商品の率料が1%となる。


Amazonにしろ、楽天にしろ、クッキー機能に差はあるものの、その収入に大きな開きはない。好きなほうを選べばよいと思う。



成果報酬型アフィリエイト



物販も成果報酬型といえばそうなのだが、個人的には似て非なるものだと思っている。

そもそも定義などないのだが、資料請求に対しての報酬であったり、会員登録に対する報酬だったり、来店による報酬だったり。なんらかのアクションにより収入が発生するものを「成果報酬型アフィリエイト」としている。



多くの案件には再訪問期間が設けられているものの、Amazonアフィリのように数撃ちゃ当たる方式では1円も稼ぐ事はできない。ピンポイントで成果まで繋げなければ報酬を発生させる事はできないのだ。


とはいっても、多くの成功しているアフィリエイターは「成果報酬型」で成果を上げている人が多い。成果報酬型は1件あたりの単価が大きくなり、媒体そのものの集客力が優れていれば爆発的な収益を生む事が可能になる。


1サイトで月数十万円の収益がでても不思議ではないのだ。



成果報酬型アフィリエイトは客層を絞る事が重要になる。


英会話の情報サイトに、転職サイトの広告を載せても成果はほとんど得られないだろう。英会話サイトには、英会話に興味がある人が集まるのだ。

用語で「属性を合わす」言うのだが、所持しているサイトにマッチングしている広告を配信しなくては思ったように成果を得る事は不可能。英会話のサイトには、英会話の広告を貼る事が絶対条件になる。


成果報酬型は、先ほど紹介したASP二社が優れているので参考までに。



PPCアフィリエイト



一番手っ取り早く成果を上げる事ができる方法だ。その代わり、それなりの出費を覚悟しなくてはならない。

PPCとはPay Per Clickの略語であり、要するにお金を払って広告を打とうというものだ。料金形態は「クリック加算式」となっており、広告がクリックされる度に料金が加算されていく事になる。


最低3000円からできるので、個人で出稿する事ももちろん可能だ。


広告を出稿する場所は、「Google」や「Yahoo!」となり、検索ワードに応じて表示される仕組みとなる。


例えばGoogleで「アフィリエイト」と検索してみよう。


Google



緑枠に表示されているのが広告であり、お金を支払えば誰でもこのスペースに出稿する事が可能だ。


通常、サイトを作成してから数ヶ月はアクセス数など0に近い状態が続くのが普通だ。サイトが徐々に認知され、評価が上がる事でお客さんが増えてくるのだが、PPCを使えばその期間をすっ飛ばす事ができる。


サイト作成→広告出稿→集客と、極端に言えばサイトを作ったその日から集客ができるのだ。もちろん広告費をペイできなければ赤字になるので調整は必要だが、黒字になるよう調整する事ができれば、最短で利益を上げる事が可能だ。


自信がある人は一度試してみては如何だろうか?



最後に



ここまでで10700文字もあり、全て書ききるのに5時間もかかってしまった。読む側も相当疲れた事だろう。

だが、これでアフィリエイトを始める事ができるようになっただろうし、それなりの知識も得て貰えたと思う。この記事のお陰でスタート台に立つ事ができた。という結果になればと思う。


アフィリエイトはまだまだ伸びしろがあるビジネスだと思うし、今から参入しても決して遅くはない。

アフィリエイトは終わった。という言葉は、かれこれ6年前から言われていた。にも関わらず、今もなおその市場は成長している。WEB上で言われている情報など鵜呑みにせず、自信を持ってアフィリエイトに取り組んで貰えればなと切に思う。

スポンサーリンク

 - 稼ぐ事 ,